にゅいのって

【冬コミ89:評論・情報】≪セブン-イレブンで呑む≫をレビュー

      2016/02/08

IMG_2739

コミックマーケット89の評論・情報ジャンルにおいて入手しました。

【サークル:かるこーるぞく】から発行されている≪セブン-イレブンで呑む≫という同人誌です。

ついに感想を書く時が来ました。

冬コミ89の評論・情報ジャンルの食べ物関係で、最も話題になっている同人誌の一つです。

セブンイレブンで呑むという言葉に釣られて手に入れました。

コンビニ商品の批評本は数あれど、「セブンイレブン」で「呑む」というシンプルな吞兵衛がピンと来そうなネタは、非常に興味をそそります。

実際冬コミ89が終わった翌年のお正月からは、この同人誌が各サイトで話題になっています。

さらには何回も再版されているほどです。

是非手元に置き読んでいただき同人誌の一つだと個人的に思います。

Sponsored Links

セブンプレミアムレビュー

セブンプレミアムのレビューがこの同人誌のメインになっています。

さらに以下二つの項目に分かれています。

  • そのまま
  • 暖めて

そのままとは「たこわさ」等そのまま食べられる商品です。

そして暖めてとは「ゴーヤチャンプル」といった暖めると、より美味しい商品のことを指します。

30食品以上がレビューされている

IMG_2740

30食品以上が掲載されています。

無論上の画像通り、たこわさびなら[08]と番号が振られています。

1ページ1商品が掲載されているのですが、フルカラーになっておりどのような商品かがしっかり分かる形になっています。

風味等もさることながら、お酒とどう合うのかがレビューされています。

したがって例えば「たこわさ」ならどのようなお酒と一緒に飲めばいいのかが、参考に把握できるので実際におつまみとして食べやすいのもポイントだ。

カロリー・成分・価格の記載

IMG_2743

セブンプレミアムの商品を食べてみた感想だけではありません。

  • 価格(税込み)
  • カロリー
  • 成分
  • 製造

と、基本的な情報も書かれています。

2015年末の情報ではありますが、細かい情報がありますのでこの同人誌のデータを読み、走ってセブンイレブンまで買いに行くことができます。

ホットスナック&お酒のレビューも!

IMG_2745

Sponsored Links
Sponsored Links

ホットスナック&お酒特集も別途に記載されています。

無論お酒が中心となっています。

サントリーと共同開発した金のビールなど、セブンプレミアムのお酒が記載されています。

ビールだけではなく、焼酎やチューハイも掲載されています。

ホットスナックは「から揚げ棒」といった、レジで売られている商品がメインとなっております。

ただし特集ということもあり、メインではないので前述の商品群と比べて細かい記載がなされておりません。

それでも分かりやすく読みやすく、そして短い文章で書かれています。

各コンビニのポテサラ比較

IMG_2744

セブンイレブンだけではありません。

各コンビニのポテサラを比較した特集ページもあります。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • スリーエフ

の4社が比較対象となっています。

この4社はコンビニドーナツ批評本を彷彿させます。

パラメータを駆使したそれぞれ短めの批評がなされています。

批評はされていますが、どのコンビニが一番美味しいかという順位付けはされていないのがポイント。

それぞれ良い所が分かりますので、自分に合いそうな商品が探せる良いシステムだ。

同人誌を片手にコンビニへ行ける

価格などの情報は12月中旬です。

ですがこの同人誌を片手にセブンイレブンで何を食べたいか、どのような「おつまみ」と「お酒」を買おうかというガイドブックとして扱えます。

例えば味の濃さや量の多さなどが、【サークル:かるこーるぞく】の目線ではありますがレビューされていますので、試食はできませんが参考にはなります。

味やご飯が欲しいかといった細かい所までパラメータ表示になっているのも素晴らしい。

タイトル通りのセブンイレブンで呑むためのガイドブックとしては、とても参考になるありがたい同人誌であることは個人的に揺るぎない事実だ。

2016/1/28追記

この同人誌を片手にセブンイレブンに行ってきました。

色々悩んだ末に上で挙げた「たこわさび」を買いました。

今までコンビニのお惣菜を買おうという発想もありませんでしたし、お惣菜と一緒にご飯を食べようということもしませんでした。

この同人誌で良い体験ができました。

最後に

昨今のセブンプレミアムが凄いのは知っています。

自分自身もお世話になっているのですが、まさか宅呑み本が出ているとは思いもしませんでした。

その宅呑み本が分かりやすくそしてガイドブックとして扱えます。

ためになるまたは知識を得る評論・情報ジャンルにおいて、生活のほんの少しがちょっとだけ豊かになる、そんな同人誌を手に入れて嬉しいです。

家で呑まない自分にとっては衝撃的な同人誌でした。

そして地元や私の活動圏内では消滅したスリーエフ。

コンビニドーナツを出していたりと奮闘し、自分の知らないところで存在感を増しているとは思いもしませんでした。

それはコンビニドーナツ批評本でもそうでしたが、2冊の同人誌でお目見えするとなると、スリーエフに期待してしまいます。

インスタント味噌汁本とはまた違った、宅呑みをしない自分がしてみたくなる同人誌でした。

Sponsored Links

 - C89戦利品 ,