にゅいのって

【冬コミ89:鉄道・旅行・メカミリ】≪Doumon≫をレビュー

   

doumon (2)

コミックマーケット89:鉄道・旅行・メカミリジャンルにて洞門本を入手しました。

【サークル:薄明光線】から発行されている≪Doumon≫という同人誌です。

この同人誌は洞門・覆道の探訪本となっています。

洞門・覆道について知らない方のために最初に解説ページがあります。

技術的なことも書かれていますが、写真集や特集といった雑誌的扱いがメインのようなので、何も知らない人が読んでも楽しめる一冊となっています。

Sponsored Links

洞門・覆道についての解説

doumon (1)

洞門・覆道について知らない人のため、最初のページに「洞門とは」という解説が組まれています。

正式にはシェッドと呼ばれ、落石用か雪崩用かで色々分かれるようで、落石雪崩双方の違いについての説明図が記載されており知らない人でも分かりやすく把握することができるようになっています。

自分は洞門の存在は知っていましたし、通ってる時に落石対策だろうなとは思っていました。

ですが落石や雪崩防護に関して複数の種類があり、そのうちの一つが洞門であることは知りませんでした。

独自の基準

doumon (4)

さらに独自の基準としての表が記載されています。

施工性や経済性の他に美観というのが記載されているのが、この洞門本らしさが表れています。

  • 鉄筋コンクリート
  • プレストレストコンクリート
  • 鋼材

の合計三種類の良し悪しがこの表で分かるようになっています。

Sponsored Links
Sponsored Links

また美観がある点がこの同人誌らしさがあり面白いところです。

地図座標が記載されている

洞門についてだけではないのですが、各洞門写真には地図座標が記載されています。

この地図座標をグーグルマップなど地図ソフトやサイトに入力することで、撮られた場所を確認することができます。

同じ場所に行けるだけではなく、わざわざ行かなくてもネット端末があれば見ることができるのはとても大きいです。

 

洞門探索にベストな食事処

doumon (5)

洞門探索にベストなお店が4つ紹介されています。

場所柄雪の多い地域や山の中がメインです。

その中に道の駅が掲載されているのは、個人的にとても良い点です。

凝ったお店が並ぶ道の駅が多数ありますし、それだけではなく休憩もしっかり取れます。

普通のレストランとかですと、ご飯食べてゆっくり…はできてもノビノビできませんし、長時間居座ることもできません。

ですが道の駅ですとデメリットをなくすことができますし、市場やお土産屋さんがある道の駅もありますので、道の駅を記載したことはとても大きいです。

最後に

良く自動車等で洞門を通ることはありました。

しかし同人誌にするほどまで考えたことはありませんでしたし、洞門について詳しく知りませんでした。

たった2ページの洞門に関する解説だけでも大まかに把握することができるだけではなく、洞門に関して興味が沸く非常にためになる作りに感激しました。

また表紙が某科学系雑誌のパロディとなっており、強烈なインパクトを叩きつけられました。

目に留まり即購入したので、商業の出版物よりも自由度の高い同人誌では、インパクトの重要性の高さを強く感じました。

作品の舞台と違い道や鉄道といった交通関係はあまり興味はなく、ほとんどたまたまに近い状況で交通関係の同人誌を購入したレベルです。

【冬コミ89:評論・情報】≪勝手に全線ウォーク~東急世田谷線、大井町線~≫をレビュー

しかしこの洞門を筆頭に交通関係の同人誌の面白さに触れました。

これからの即売会では交通関係も意識して購入したいと思わされた、自分自身の意識を変えさせられた同人誌の一つでした。

Sponsored Links

 - C89戦利品 ,