にゅいのって

デュエル![第17話傷痕]の感想

      2016/02/08

ヤングガンガンで連載中のフェンシング漫画、デュエル17話を読みました。

今回からデュエルは新章に突入です。

前章では白糸台と聖蹟桜ヶ丘の練習試合がメインでしたが、今回は立川との練習試合になるのだろうと思いました。

ですが、前話の終わりから少し雰囲気が変わり、新章である17話から流れが突然変わりました。

競技以外としても強い選手登場

フェンシングを競技としてではなく、喧嘩(防衛または反撃)としても強い選手が現れました。

上の写真に出ている、叶菊玖さんは前話では部長をフリーファイト中に腕を怪我させていました。

最初は怪我を負わせるタイプのプレイスタイルだと思っていましたがどうやら違うようです。

園田部長に対する部員たちの報復

IMG_2139

園田部長を傷つけた報復として部員全員がサーベルを持って仕掛けます。

段々暴走しているというので、怪我をさせたのは初めてだとしても、前からやりすぎだったことが伺えます。

それでも躾として部員総出で、防具を着ていない相手にサーベルで挑むのも酷い話だと思っていたら、菊玖さんが全員を圧倒してしまいました。

Sponsored Links

多数の報復に勝つ

IMG_2140

相手は上下着ている中、ほとんど下着状態のような菊玖さんが複数相手に勝ってしまいました。

Sponsored Links
Sponsored Links

しかもやりすぎた反撃で全員倒れている状態に。

園田部長が来なかったら大変なことになっていたかもしれないようなシーンでした。

他の部員に支えられないと動けないような人まで。

フェンシングを競技以外の描写する作品を見たことも聞いたこともない自分には驚きでした。

テニプリ化とまではいかないまでも、下手したらそのうちポイント制から体力制に移行するのでは…。

部員以外にも手をあげる

IMG_2040

みのりちゃんを良く虐めていた二人に対しても反撃しています。

菊玖さんが一人で歩いている所に、恐らくサーベルなどが入ったカバンをお尻にぶつけてしまいました。

それに対して菊玖さんを蹴り小学生の頃から大切にしていたストラップを踏まれたことによりこのような事態に。

サーベルだけではなく、腕力で相手を持ち上げるレベルはもうこれ強すぎ。

今までのデュエルにもパワータイプはいましたが、テクニックやスピードなどを長所にする選手が出てきました。

そんな中フェンシングだけではなく、喧嘩というか物理的にも強い子が現れたことに驚きです。

これを見ていたみのりちゃんが、購入したばかりのサーベルで立ち向かう所で次号へ続きました。

才能は世界レベル

園田部長曰く才能は世界レベル。

他の部員も才能は認めていますが、日々暴走するなどメンタルの面では厳しい。

実際1対多数で勝利していますし、前話では東京の有力選手の集合見開きに、園田部長が載っていました。

その部長とも戦えるのですから間違いなく才能はあるのでしょう。

おわりに

今回は暴走し暴力沙汰を起こす有能選手中心の話でした。

その原因の一つに自己防衛があり、ほんの少しだけでしたが原因が触れられていました。

暴走が原因でみのりちゃんと敵対することで、立川との闘い(練習試合)に入るのでしょう。

新章に突入したばかりなので、どのような流れになるかは分かりませんが、今後に期待したいと思いました。

次回、デュエル18話に続きます。

 

前回のデュエル!感想記事

デュエル![16話大いなる前進]の感想

Sponsored Links

 - デュエル