にゅいのって

DUEL![第23話同じ世界]の感想

      2016/03/20

ヤングガンガンにて連載されているフェンシング漫画、DUEL![第23話同じ世界]を読了しました。

第22話ではアリスさんと花子さんが練習試合をし、アリスさんはフランス時代よりも錆びついていることが指摘されました。

そして今回はみのりちゃんがアリスさんと練習試合をすることで、自分のプレイスタイルについてヒントを花子さんから貰います。

ただのアリスファンの追っかけだと最初は思っていましたが、錆びついていることやみのりちゃんの能力について指摘したりと、助言を良い来たありがたいサポートキャラに見えました。

Sponsored Links

練習の鬼

duel23 (4)

アリスさんの今の強さの元はこの鬼のような練習なのでしょう。

最初に出てくるシーンもそうですし、一人で黙々と練習しているシーンがあります。

聖蹟桜ヶ丘女子のナズナさんのように努力はしなくても圧倒的才能で成長するのではなく、毎日休まずに日々の積み重ねを大切に努力して現在の強さと地位を確立しているアリスさん。

人一倍の努力でここまで積み重ねてきていて、さらに好感度が上がりました。

花子さんも殺気が使える

duel23 (5)

アリスさんが過去に見せたように、花子さんも殺気が使えるようです。

殺気というよりも幻覚で相手にダメージを与えているような感覚を与えています。

このようなことができるのは、強い人の特権でしょう。

オーラというか気を見せつけるのは、表現も含めて多くいましたが感触を与えるレベルの選手はいません。

Sponsored Links
Sponsored Links

日本の上位陣少なくとも東京都覇者の学校ですら、ここまでのレベルを見せつけていないので、海外と日本のレベル差を感じます。

超集中状態について

作中ではみのりちゃんと花子さんが超集中状態に入れます。

入ると水の中に入ったような感覚になり、動きがスローモーションのように見えます。

トッププレイヤーでも能力持ちは多い

duel23 (2)

トッププレイヤーでもこの能力持ちは多いと思うと、断言はしていませんが示唆しています。

検査もしていないがと言っていますので、今の所身体的デメリットがある能力では無いようです。

今後の設定では使い過ぎるとダメになるというのはありそうですが。

またこの能力が扱えるようになると、少なくとも日本の高校生上位には食い込めるようです。

扱うにはデメリットがある

扱うにはデメリットがあります。

それは呼吸と集中力です。

呼吸を整えることが入口でそこから集中力を極限まで高めると扱えるようになります。

この集中の仕方を教えたアリスさんは、結構的を得ていて的確すぎる教え方でもあるのです。

練習試合だからこの状態になれるだけで、本番になるとそのような状況になるのは難しく、何かの合図等でパッとできる状況になる練習をしなくてはならないようです。

今のみのりちゃんですと、頭の中で集中…集中…と言ってできるレベルですので、今後この瞬時になれるのが一つの課題です。

最後に

みのりちゃんの課題が分かった回でした。

初心者ですので基礎練習もしなくてはいけませんが、聖蹟桜ヶ丘女子との練習試合で発覚したこの能力をどう扱うかは棚上げ状態でした。

意外と高い頻度で扱えているとは思いますが、どれも本番ではないので本番時にどう扱えるようになるのかが一つのポイントになりそうです。

次回第24話へ続きます

前回の感想記事

DUEL![第22話 嫌いだ]の感想

Sponsored Links

 - デュエル