にゅいのって

DUEL![第26話熱い感情]の感想

   

ヤングガンガンで連載中のフェンシング漫画、DUEL!26話を読了。

26話では白糸台高校のインターハイ予選スタメンが発表されました。

新章突入というわけではありませんが、ここからインハイ予選へと進むので一種の新章へ突入したと個人的に捉えています。

白糸台高校においての2強は決まっているようですが、3強となると即答できる状況ではないので、今後この3強目にどうみのりちゃんが入って行くのかが今後(インハイやその後の大会)への課題となっていくでしょう。

25話までは花子さんに能力について教えて貰えていましたが、今回からは予選直前ということもあり教えてもらう状態でもないので、今までの努力の結果や才能でどこまで成長していくのかが見物であると個人的に思っています。

Sponsored Links

闘争心を煽る

わずか二か月で濱田さんを追い詰めるまでに成長したみのりちゃん。

それを見ていたアリスさんは、早く試合に出たいと思わないのか等、闘争心を煽るかのような言葉をみのりちゃんにかけました。

スイッチが入る

duel26 (4)

さらに攻撃をしてきたアリさんに対して、この表情で跳ね返しています。

この直前までのみのりちゃん自体は、遠慮がちでしたが煽りと攻撃でスイッチが入りました。

技術力や体の作り等足りない部分もありましたが、最も足りない部分は性格の部分でした。

闘争心や競争心といった、一歩前へ出る精神を引き出しているアリスさんは、口数が少なくアドバイスも的確ではありますが他の方々と比べてヒント的です。

しかしこのヒント的なアドバイスが良い所ですし、みのりちゃんの成長力を一気に上げているコツの一つでもあります。

このアドバイスのおかげでスイッチが入りました。

過去2年間の白糸台高校の実績

duel26 (2)

2年前は個人戦だけの参加、去年は人数が揃ったので団体戦出場。

団体戦出場は去年の段階でできるようになりましたが、実力が乏しく予選敗退しています。

そんな中今回はアリスさんの入部によりインハイ予選突破圏内に入りました。

Sponsored Links
Sponsored Links

また下級生が多いこともあり翌年も団体戦に出場はできるでしょうし、今後のフェンシング部は安泰でしょう。

運の部分もありますがそれでもここまで成長させた、キャプテンの小梅さんの有能さに感服します。

3人目の候補に立候補

duel26 (3)

3人目の団体戦に指名されたのは濱田さんでした。

(エースは七瀬さん、セカンドはアリスさんが指名されました。)

しかし前述のように、濱田さんにポイントを取ることができるレベルにまで上達したみのりちゃんは、アリスさんからの発言もあり3人目に入れてもらうよう頼みました。

今までのみのりちゃんですとそのようなことはなく、そもそも2か月前の段階では虐められていました。

そんな状況から自己推薦するまでの精神力を得るまでになりました。

フェンシング漫画ですので技術的部分に目が行きますが、内向的性格を脱しつつある状況をみますと、人間的成長を垣間見ることができます。

技術面ではなく人間的成長が描写されている数少ない貴重な場面でもありました。

菊玖さんとの対面でも勇気を振り絞る場面もあり、新章突入から精神面での成長も顕著です。)

おわりに

25話では団体戦メンバーが発表となりました。

発表されたことを機にここからが、インハイ予選編に突入と個人的に見ています。

このインハイ予選は東京都代表を決める場でもあり、強豪犇めいています。

そんな中3人目の候補にみのりちゃんが手を上げることでラスト修羅場化しそうなるのも頷けますが、ここまで急成長したみのりちゃんを読者に見せつける重要な場面です。

前回ではフェンシングの技術面の成長を感じさせられましたが、今回では精神面の成長を描写することで、初心者だがこのメンツの中では大会に出られるんだぞというアピールを読者にもできましたので、今後指名されなかったとしても今後の展開ではやっぱり強いかったと思えます。

またこのまま指名されても作中最強の初心者でもあり努力と才能を両方持ち合わせている彼女が、どこまで戦えるのか見守ることができ、どっちに転んでも美味しい展開になりました。

どちらにせよもうインハイ予選という最初の目標に向けて動きましたので、個人的には毎回あまり予想せずに最初に読む時は脳死状態で読んでいこうと思います。

DUEL!27話へ続く

前回の感想記事

DUEL![25話これからの世界]の感想

Sponsored Links

 - デュエル