【冬コミ89:評論・情報】≪美味しいれとるとカレーを求めて≫をレビュー

2016年2月8日

retoruto (3)

コミックマーケット89の評論・情報ジャンルにおいて、レトルトカレー本を入手しました。

【サークル:れとると】から発行されている≪美味しいれとるとカレーを求めて≫です。

タイトル通りレトルトカレーを批評する本です。

似ている同人誌としては、今回のコミケ89においては【サークル:ふらいんぐ・おむらいす】から発行されている≪MISO SOUP@INSTANT16≫という同人誌があります。

【冬コミ89:評論・情報】≪MISO SOUP@INSTANT16≫をレビュー

この本では各所で売られているレトルトカレーを全6種類記載されています。

商品情報と感想が書かれている

商品情報と感想が書かれています。

インスタント味噌汁の評論のように、具材などは書かれていませんが大まかな物はしっかりと記載されています。

一目で分かる詳細

retoruto (2)

パッと見て分かる商品詳細。

どの同人誌でもそうですが、商品詳細の有無は大きいです。

カロリーも書いてあるので、容量とカロリーでコスパの良さやヘルシーさが分かります。

ただ6種類だけなのでもっと増えれば、さらに面白い同人誌になるでしょう。

感想には何と一緒に食べたかが記載

何と一緒に食べたかが感想に記載されています。

例えばブロッコリーと一緒に食べたことが書いてありました。

ただレトルトカレーを食べるだけではなく、他の物と一緒に食べています。

この工夫が程よいチョイスで、何とかなくではありますが雰囲気を感じることができます。

それだけではなく、じゃがいも硬さや辛さなども商品よっては書かれています。

各商品の特色に合わせて感想が書かれています。

裏表紙が可愛い

retoruto (1)

普通の書籍でもそうなんですが、同人誌の裏表紙が気になります。

そしてシンプルだったり妙に工夫している同人誌は個人的にツボです。

今回の同人では、ど真ん中にカレーのアイコンが載っているだけです。

しかしそれがシンプルで「えっ!」と見てしまいます。

この可愛さが個人的に好きです。

おわりに

今回の同人誌はインスタント味噌汁本に近いジャンルでした。

レトルトカレーそのものを基本的に食べません。

ですのでこの同人誌を読むことで、様々なレトルトカレーが存在することを実感しました。

またハウス食品等有名会社のレトルトカレーしかないんだろうと思っていました。

しかし函館カレーなど色々な会社のレトルトカレーの存在を知ることができました。

何も知らない自分にとっては知識が蓄積されたように思えます。

今後もさらに続けて欲しいと思います。