にゅいのって

咲-Saki-第151局[流儀]の感想

      2016/02/08

IMG_2161

咲-Saki-第151局[流儀]を読了。

今回の咲-Saki-を読んだ大雑把な感想としましては、咲さんは前半戦中々流れに乗ることができず、メンタル的にも酷かった状態から克服しました。

そのことにより咲さんは前半戦とは変わり、ドンドン和了するようになり笑顔も戻り、楽しそうに麻雀ができるようになったのが非常に印象深かったです。

また咲さんだけではなく、新しいカムイも登場する中咲さんはいかにして、速攻の末原さんとカムイの爽ちゃんを相手に和了するのか。

今回はP.12ほどではありましたが、濃縮された内容で進んでいき、最近の咲では個人的にダントツで面白い話でした。

Sponsored Links

新カムイ≪フリカムイ≫登場

IMG_2175

今回使える数少ないカムイの一つフリカムイが登場しました。

フリとは巨鳥のことで、これに関しては結構ゲーム等でモデルに使われているので知っている方も多いでしょう。

このフリカムイを使うことにより自風牌以外の風牌でオタ風が手牌に来ます。

ミョンファちゃんの逆の能力ですが攻守共に使えますので非常に強い。

このもったいないと爽ちゃんが思っている通り、実際結構強いのでここぞという時に使うカムイなのでしょう。

咲さんにはやはりのどっち

IMG_2164

 

役無しドラ4ならリーチと言うだろうなと咲さんは思いながら、自分の流儀に則って嶺上開花で和了します。

このシーンで咲さんの心には常にのどっちがいることを再度認識できるシーンです。

後ろにいるだけではないことがおもちの形状からしても分かります。

最初は良いシーンだなと思ったのですが、このおもちのせいでやはりでけぇ!とそっちに目が行ってしまいました。

咲全国編最終回EDの伏線回収

Sponsored Links
Sponsored Links

咲全国編で観た時は咲さんを応援していたり慰めているのだろうと思っていました。

実際はそうではなくのどっちならこう言うだろうなという想像と、常に咲さんにはのどっちがいることが分かるシーンでした。

この描写でもおもちの凄さ具合を見てみたかった…。

咲さんの流儀で嶺上和了

IMG_2167

のどっちならリーチする所を咲さんは嶺上開花を和了します。

咲さんの流儀として和了するシーンですし、久しぶりの満足な嶺上開花を見ることができました。

この嶺上開花でさらに流れに乗ってくれれば良いと思います。

フリカムイを使いかなり有利な状況になっていた爽ちゃんよりも先に和了しています。

さらに末原さんも聴牌している中での和了ですので、この一瞬では能力含めて一番流れに乗っています。

りつべのコメント

IMG_2169

姉弟子の教授達が日本に来たってことはいつも海外にいるのか。

しかも山登りの話しかしないということは、りつべも山登りが好きなんですね。

この教授達というのは一体何者なのかが気になってしかたがない…。

おわりに

前回では槓など能力が使えない中でも、いかに麻雀をして和了するかという流れでした。

今回はさらに自分の流儀として嶺上開花を和了するという咲さんらしい麻雀が描かれていました。

ここ数局は咲さんのターンでしたので、そろそろ不発が個人的に目立っている爽ちゃんと沈黙を貫いているネリーちゃんの活躍を見たいです。

ネリーちゃんは一回くらい何かしらの動きをしてくれると期待しています。

咲-Saki-第152局に続きます。

 

前回の咲感想記事

咲-Saki-150局[追走]感想

咲-Saki-151局掲載時の最新話

シノハユ26話「一別以来」感想

咲日和~阿知賀の巻~⑥感想

立-ritz-第3極感想

Sponsored Links

 - 咲-saki-感想