にゅいのって

咲-Saki-第162局[予知]の感想

      2016/08/05

咲-Saki-第162局[予知]の感想記事です。

前回から対局が始まっている5位決定戦ですが、引き続き怜が圧倒する強さで活躍しています。

ビッグガンガンで連載されている怜-Toki-連載開始後(連載開始間際から本編で露出度が高まっている)もあり、千里山女子そのものが圧倒的に強い学校でありそのエースである怜が主人子らしい活躍を見せつけています。

阿知賀編での照に近い立場で三校を圧倒的強さを怜が見せつけると思っていました。

しかし今回ではそれにプラスして、後輩のことや自分自身についての描写がなされており、照比べてみると違い心情などが前面に出ているのが印象的でした。

Sponsored Links

未来予知がさらに強化される

今回驚かされたのが、怜の未来予知が強化されたことです。

5位決定戦では絶対に出番と圧倒的強さを見せつけるであろうと思っていましたが、

  • 一度倒れており体調も万全ではない状態
  • 上でも挙げた通り怜-Toki-が連載開始
  • 阿知賀編でも多い描写数

この3点で強さと主人公らしさや試合を支配していることを示しつつ、漫ちゃんやすばら先輩等へと移り替わり、特に漫ちゃんは試合に出ていくごとに爆発力を見せてくれているので、今回は今まで以上に序盤から爆発してくれると思っていました。

しかしここに来てまさかの未来予知が強化されるとは思ってもいませんでした。

複数の未来が見える

saki162 (2)

今回の強化された点としては、一瞬だけではありますが複数の行動を同時に見ることができるようになりました。

今までは一巡先を見た瞬間の結果以外の行動については見ることができませんでしたので、視た結果以外の行動を起こされたらどうしようもありませんでした。

しかし今回からは一瞬ですが、複数同時の未来を確認できるようになりましたので、デメリット克服しつつあるので三軍レベルの腕を上げるとさらに凄いことになるのではないでしょうか。

複数の未来を同時に確認できるようになり、段々フェイタライザーに近い子になっているような気がしてなりません。

倒れたことで強化された?

未来予知そのものは病気で倒れたことで得られました。

さらに発展として2巡先も訓練すれば体力的に危険ですが可能でした。

しかしその時点では複数の行動を同時に視ることは不可能で、準決勝で倒れてからの試合である5位決定戦で突然発現しました。

ですが一回倒れると強くなるのでしたら、2巡以降を視ようとして倒れた時に強化されていないとダメなので、

  1. ここぞという時や意識しながら行動している時に倒れる
  2. 体調的に本当に厳しい時に倒れる
  3. 作中の流れ

大まかに分けてこの3つが強化されるための重要事項ですが、まだその点については大まかな予想しかできず、自分としては作中の流れではなく1または2のどれかではないかと予想しています。

この点については怜-Toki-で描写されると思うので期待して待たせていただきます。

漫ちゃん次号爆発する?

saki162 (5)

怜の圧倒的強さに危機感を持った漫ちゃんが、ラストに爆発するような描写で次号へ。

Sponsored Links
Sponsored Links

煽り文には、

強者こそ獲物。姫松高校・上重漫、爆ぜるか…?

と書かれているので、爆発フラグではあることはマンション横山も煽りで書いているので間違いないでしょう。

しかし不発になることが多いですし、ガイトさんにやられた時のように強制的に導火線を斬られてしまうことが多く不安ではあります。

しかし試合に臨むにつれて爆発力が上昇しているので、5位決定戦ということもあり今まで以上に爆発してくれるのではないでしょうか。

怜に気付かれる

saki162 (6)

ついでに怜に気付かれて終了。

能力発動したかどうかはこのクラスですと大多数の人が気付きますが、せっかく爆発してくれそうな所を妨害されるフラグが立つのも少し可哀想な気がしてきます。

咲は活躍がターン制に近いと自分は勝手に思っているので、一瞬だけでも活躍してくれますのでこちらも期待して次号を待ちたいです。

新キャラのカラー判明

saki162 (1)

今回のカラーでは新道寺と千里山の新キャラ達のカラーが追加されたのと、千里山の1・2年生達の名前が上がりました。

比与森楓さんと須田山悦子さんそして友清のカラーが判明。

⇒咲-Saki-第159局[準備]の感想

コーチらだけではなく友清が隅に掲載されていますし、怜の発言において泉ちゃんやフナQの他に

  • ナクシャトラ
  • 西出
  • 津村

と後輩の名前が挙がっていましたし、恐らく彼女らのカラーも掲載されていたので、今回の5位決定戦は決勝戦には行けなかった学校でのオールスターに近い形、そして有力高校の2年生以下の選手達をお見せする回でしょう。

少なくとも友清の名前を出しているので、個人戦で出てくるとしたら、咲さんに対する強敵として登場+作中としては1年後以降の話も考えているのではないかと、勝手に想像しています。

ナクシャトラという恐らく留学生の名前を出していますし、留学生だとしたら個人戦やコクマには出れないようなので、名前だけ出して登場しないというのはあまり考えられないので、今後どこかで登場するのであるとすると、コクマ以降の話せめて3年生引退後の大会までは続きそうです。

(個人としては咲さんが卒業するまで連載されると嬉しいですが、まずはインハイが終わってもらわなければ…。)

最後に

今回の咲-Saki-は怜が活躍+能力の強化される大きな話でした。

強くなる描写はありますが、ここまで明確に大会中に強くなる描写は少ないので読んでいて驚きました。

恐らく怜-Toki-連載と合わせてのことだと思います。

事実怜連載開始からしばらくした次号では漫ちゃんが活躍してくれそうですし、咲日和なども見るに今月までは怜強化月間だったのでしょう。

そのまま成香ちゃんをパワーアップさせてもいいと思うのですが…。

事実現段階では2位に付けているので、偶然や回りの思惑込でもっと強くなって欲しいです。

咲-Saki-第163局へ続きます。

 

前回の感想記事

咲-Saki-第161局[戦友]の感想

怜感想記事

「 怜-Toki-感想 」 一覧

Sponsored Links

 - 咲-saki-感想