にゅいのって

咲日和~宮守の巻④~の感想と喫茶店について調査してみた

      2016/04/23

咲日和~宮守の巻④~を読みました。

2月は咲日和が珍しく休載でしたので、久しぶりの咲日和連載でした。

前回の咲日和では、湯町の巻でシノハユ(小学生)と鶴賀の巻でしたが、今回はタイトル通り宮守で宮守にも個性的すぎる喫茶店があるのかと思いました。

1回休載後の宮守ですので一回リセットしたように感じられました。

Sponsored Links

アイスミルク

miyamorinomaki (3)

アイスミルク二つをダブルピースで注文するエイスリンちゃん。

1コマだけ見ると非常に可愛いのですが、店員さんのオチでギャグ漫画に。

このオチがさすが牛の作品だと感じざるをえませんでした。

普通じゃないカレー

miyamorinomaki (2)

喫茶店で普通じゃないカレーを注文する塞さん。

味も普通じゃないらしいですが、カレーの見た目も結構個性的。

恐らく真ん中の丸は卵だとは思うのですが、我が家のカレーは卵を一切使わないですし、外食にも卵を乗っけた物を食べたことが無いのでどのような味がするのか試したくなりました。

個人的に記憶に新しいのが、カレーにプロテインが混入しそれが美味しかった話がありました。

牛はカレーが好きで漫画のネタにしたいのかな?と読んでいて思いました。

カレーネタ掲載

咲日和では2巻以降必ずカレーを話題にした話を掲載しています。

咲日和5巻と同時に発売されたビッグガンガンに掲載されている宮守の巻④では、カレーネタが扱われているのですがこのカレーネタは6巻に掲載されるので、しばらくはカレーネタが見れなくなるか今まで以上に読めるようになるのではないでしょうか。

咲日和で扱われるカレーネタの回数を数えてみた

 

前髪下ろすと中々の雰囲気

miyamorinomaki (1)

怪談本の朗読をする豊音ちゃん。

前髪を下すとかなり雰囲気がでており、本編の試合シーンや咲-Saki-15巻の特典など、髪の長さや雰囲気で可愛さとちょっとした怖さを両立しているのが良いですね。

最近では年齢問わずネットで怪談を見聞きするのが当たり前の時代ですが、書籍で怪談を朗読するのは今の学生から見たら珍しいシーンではないでしょうか。

また朗読内容的に怪談本ではとても有名な、新耳袋シリーズっぽくは無さそうです。

カレーも出す喫茶店は近くにあるのか

宮守または遠野市にカレーも出す喫茶店は近くにあるのか読んでいて気になりました。

咲日和では基本的にりつべ本人にネームチェックがあり、そこで良し悪しを判断されるようですがこの喫茶店はありだったようなので、本当にあるのか少し気になったのと、阿知賀編や本編では現実にあるお店をモデルにしていることもあるので調べてみました。

部キャプが一緒に持っていた袋のモデル、パン屋イエンセンへ行く

宮守の喫茶店

宮守にある喫茶店は、ネットで調べてみると1店舗ありました。

Sponsored Links
Sponsored Links

まきばのおもてなし≫という名前の通り、乳製品メインでソフトクリームが看板メニューのようです。

アイスミルクはありますが、カレーは無いのでここではないことが分かります。

まきばのおもてなしの地図

宮守駅からはかなり距離があり、近くには塞ノ神牧場があります。

とても現実的ではなくカレーも無い、そして高校生が喫茶店に行って豊音ちゃんがソワソワする感じの喫茶店でもないことが分かります。

宮守ではなく遠野市全体として見るのが正しいのではないかと思い調べてみました。

遠野市全体の喫茶店-やおちゅう-

遠野市全体で見ると予想以上の喫茶店がありました。

ただし遠野市で頻繁に画像を投稿する人がいないようで、それっぽい喫茶店を見つけられませんでした。

また喫茶店というよりもレストランに近いお店もありましたが、その中で宮守女子が集まった喫茶店に近いお店を発見することができました。

その名も≪やおちゅう≫(フェイスブック)という名前のお店です。

やおちゅうといえば咲ファンの方にはピンと来た通り、麻雀用語の么九牌を連想させられます。

まさか遠野市に麻雀関係の用語が店名のお店があるとは思いませんでした。

お店ではカレーを出しており、見た目は普通のグリーンカレーでした。

しかし異国の味と言っており、日本のカレーとは違う味ということを塞さんは表現をしていました。

確実ではない点が見受けられました。

正確には喫茶店では無い

正確には喫茶店ではなくレストランのようでお店側もレストランと言っています。

しかも「お休処やおちゅう」と書かれているのですが、珈琲・お食事と書かれた看板も出しており、分類が喫茶店なのかレストランなのか良く分からないですが、お店の雰囲気やメニューは喫茶店に近いのは確実です。

また珈琲に力を入れているようなのですが、アイスミルクが存在するかはネット上では分からず、現地に行かなくてはならない不正確さを感じました。

やおちゅうの地図

場所は遠野駅近くとかなりの好立地です。

近くには物産館に資料館それにホテルもありますので、舞台探訪にも適した場所にやおちゅうは存在しています。

遠野駅周辺に喫茶店がある可能性が高い

  • 宮守には喫茶店と呼べるものが1店舗しかない
  • やおちゅうという麻雀用語を連想させられる店名がある
  • レストランではあるが喫茶店に近い
  • カレーもある

この4点から考えると仮にモデルにしたお店があるとしたら、遠野駅近くにある可能性が高いです。

また過去に咲日和では本当にある舞台(バス停)を出しており、舞台を本編同様に出した前例があります。

自分としては≪やおちゅう≫がお店のモデルではないかと考えています。

最後に

今回の宮守の巻④では、喫茶店で起きたことを話題にしていました。

喫茶店に行く時は基本人との待ち合わせた休憩としてやパソコンやタブレットを出してここに行こうと言った話はしますが、宮守のように朗読してみることはしません。

女子高生は喫茶店でこんなことをしているのだと少し勉強になりました。

また豊音ちゃんのホラー要素が咲日和では、本編と違いホラーよりも可愛さが振り切ってしまい良い意味で怖さが薄まっている点に注目しました。

いつかはやるだろうと思っていましたが、本編では無理だろうなぁ…というシーンを咲日和で補完しているのを感じさせられました。

同時掲載のシノハユ感想記事

シノハユ第31話「団体戦」の感想

今までの咲日和感想記事

咲日和感想カテゴリ

Sponsored Links

 - 咲日和感想 ,