にゅいのって

シノハユ5巻の感想

      2016/04/05

IMG_2261

シノハユ5巻を購入しました。

シノハユ5巻の内容は基本的に全国大会の小学生の部がメインとなっております。

表紙を飾っているのは、高校になると阿知賀のレジェンドと呼ばれるようになる赤土晴絵さんです。

ずっと島根組だったのですが、今回は全国大会だということもありますので、阿知賀のレジェンドこと赤土晴絵さんが表紙になったのでしょう。

色々活躍した人もいますし、優勝した心ちゃんが表紙を飾っていません。

恐らく阿知賀編や本編など前から登場していたキャラをあえて出したのでしょう。

登場期間や認知度で言えばシノちゃんを抜きにすると一番認知度や有名度が高いですからね。

ラストはナナさんを探し回るところ

IMG_2262

シノハユ5巻のラストはナナさんを探し回るところで終わります。

この話で全国大会の話は概ね終了となります。

ナナさんに関しての現在の事情はシノハユ6巻で触れます。

Sponsored Links

全国大会含めての有力選手一覧も健在

IMG_2265

島根も含めて全国大会で活躍した選手達の見開きカラー絵もちゃんと載っています。

このカラー絵がなければ色が分からなかった子がちらほらいました。

特に心ちゃんの場合は当時どんな色なのか見当もついていませんでした。

まさかのピンクだったのかと思った人もいたほどです。

自分はピンクや赤色系かなと予想していたので、髪色はまさかとは思っていなかったのですが、目の色が予想に反していました。

カラーが判明していないキャラに関しては適度な間隔で、連載中に公表してくれるのはありがたいです。

たまに1年近く分からない作品もありますからね。

またこの見開きは単行本サイズで紙質も良いのですが、ビッグガンガンで読んだ方が大きくインパクトがあります。

Sponsored Links
Sponsored Links

もっと大きな絵で見たいという方は、過去のビッグガンガンを取り寄せましょう。

裏表紙など

シノハユの面白さの一つに表紙の面白さがあると自分は思っています。

肌触りも良いので触っても楽しめる漫画です。

他にもカバーを外して裏表紙に描かれている絵が、シノハユ1巻の時点から切なさが出ていますし様々な感想を当時目にしました。

カバーの裏表紙裏

IMG_2263

カラーの裏表紙裏ではいつものメンバーが集まっているシーンです。

全国大会の時期は夏休みでしたし、全国大会中の話前後は夏休みです。

ですので夏休み期間中に皆で遊びに出掛けるような構図になっているのでしょう。

はやりんがいるので明らかに休みですしね。

ちゃんとはやりんがいるのが個人的には嬉しい。

本体の裏表紙

IMG_2264

カラー外した本体の裏表紙は毎回思い出の写真が描かれています。

今回の写真はシノちゃんと閑無ちゃんが一緒にかき氷を食べているシーンです。

どんどん閑無ちゃんが馬鹿キャラになっているような…。

おさげのシノちゃんは非常に可愛いですね。

巻数が増えるごとに裏表紙の写真が追加されていきます。

  • 一体どんな状況で積まれているのか
  • この裏表紙を考えたのは誰か

この二点が個人的に非常に気になっています。

思い出に浸るというか夏休みや祭りが終わった感が出ていて、どことなく寂しいのですがついつい何分も眺めてしまいます。

シノハユ6巻も楽しみです。

おわりに

シノハユ5巻では全国大会が中心となっています。

今現在咲本編でプロや監督として現役で活動している選手が登場します。

過去の打ち筋やまだ判明していない麻雀のプレイスタイルが現時点で分かるので、今まで気になっていた方にはオススメです。

また今まではオカルトちっくな描写は非常に少なかったまたは触れられていなかったのですが、今回からは少しだけオカルト的打ち方がうっすらと触れられています。

小学生最後の大きな試合です。

次からは中学生に向けて進みますので、まだシノハユを買っていない方はこれを機に5巻まで買ってみるのも良いでしょう。

シノハユ6巻へ続きます。

Sponsored Links

 - 咲-Saki-単行本